シューマン周波数発生装置

¥16,000¥17,000

サイズ クリア

数量
数量
お気に入りに追加お気に入りに追加済み
  • 備考

    サイズ

    デスクトップ, ポケット

シューマン周波数も電磁波

身近でもっとも強い電磁波を出すものは電子レンジではないでしょうか。5GHz(ヘルツ)くらいの周波数で強力な電波により、物質内の水分を振動させます。結果として、高熱になるのです。電磁波による発熱現象は電波を強力に送信する技術の発展直後から知られていました。例えば戦前の軍隊でアンテナの前に立っていて失明した人はかなりいたようです。そのためか、微弱な電磁波、たとえばケータイですら体に悪いのではないか、という議論は根強く続いています。ベッカー博士は白血病が増えたりする、といっていますが、否定的な見解もあり議論がわかれています。

電子レンジで加熱した水を植物に与えると枯れるという話がネットなどでまことしやかに伝えられていますが、ウチの台所で目の前の観葉植物にやった限りは再現しません。
なんでも無批判に転載するのはやめましょうね。ちょっとした努力で再現テストできるのですから。オリジナルは、ひょっとして加熱した熱湯をかけたんじゃないか?と疑っています。

むしろ電子レンジで加熱した水は分子レベルで揺さぶられているのでクラスターが小さくなっています。毎朝、飲み続けていると便秘やデトックスに効くことはあります。

電磁波自体の説明はこちらで行っていますが、
電磁波自体の害、たとえば冒頭に述べたような電子レンジに応用されている、電磁波の加熱作用が直接害を与える、ことより、生体への影響はもっと違う次元で起きている気がしてなりません。

シューマン共振

低周波の電磁波が害を与えるとベッカーは主張しています。絶版になりましたが、おそらくこういう話のネタ本は、ベッカーが書いたこれだと思います。高圧電線の下などは電磁波汚染により、生体はストレスを受けたり、体の調節機能のバランスをくずしたりするとあります。

ところが、人体に害のない特別な周波数が存在する、といわれています。それがシューマン・レゾナンス(Schumann Resonances)です。 これは地球の定常波(地球の大地と電離層の間の空間においての共振周波数(もっとも低いエネルギーで波を継続できる周波数)です。下図のように7.8Hz
14Hz, 20Hz, 26Hz, 33Hz, 39Hz, 45Hzあたりに山がわかりますね。日によって±0.5 Hzくらいは変化するようです。60Hzは電力のせいでの「汚染」ということで、自然界のものではないようです。

シューマン共振の周波数は、太古から生物が浴びつづけている電磁波であるがゆえ、生物はこの周波数の電磁波と「調和」しているといいます。シューマンの発見した周波数の電磁波を身近におくことで、超低周波の電磁波からの障害から身を守ることができるというのです。とくに7.83Hzが有効だといいます。
この周波数を「地球の脳波」とか「生命体の根源が共振する」などという人もいますが、まぁ、昔から生物と共存していることを大げさにいっていると思えばわからなくもないか、と思います。

最近、この周波数が変化していて将来は16Hzになるという説が出てきました。が、これは受け入れられないな、と感じています。
まず、そのニュースの出所がわかりません。ウェブ上の記事は、「~だという。」しかないのです。そして、シューマン共振は地球の地表と電離層の距離間で決定されるものであり、環境により簡単に変わるものではありません。

(2017年8月 追記)

再びまことしやかに「シューマン周波数がかわった」という噂があちこちで言われています。

ここにデータがあります。(https://www.heartmath.org/research/global-coherence/gcms-live-data/
からの引用です。詳しくは該当サイトをみてください。

このグラフの各線は測定している場所です。
GCI001 カリフォルニア
GCI002 サウジアラビア フフーフ
GCI003 リトアニア
GCI004 カナダ アルバータ
GCI005 ニュージーランド ノースランド
GCI006 南アフリカ フルフルウェ
これは1から50Hzの共振周波数のスペクトル図です。黄色が強度の強いところです。水平に7.8, 14, 20, 26, 33 , 39が強く線に見えます。左から右の垂直方向は1時間おきの時間の経過です。
このグラフでシューマン周波数が7.83Hzのみである、という思い込みは払拭されると思います。
さらにこのサイトから共振周波数の分布は刻々とかわり、強さは地域により違う、ということを学べるのではないでしょうか。

そして、もし「シューマン周波数が不安定だ」とするのであれば、なおさら太古から安定して生体が浴びてきた7.83Hzが大事になるのではないでしょうか?

(追記おわり)

一方、実用面で7.83Hzにいろんな機能が見い出されています。
故山田孝男氏は、ヒーラーや気功で出るエネルギーが約8Hzで、それがDNAに作用するという研究があるとおっしゃっていました。先生はいろいろ試されていて、このあたりの周波数が生体に及ぼす影響は微妙なのだといいます。例えば8.3Hzだと肉体が軽快になり空になったように感じる人が多いが、8.2Hzでは体がゆれるような感じがして違和感を感じる人がいる、などを実験で確認されています。また、整数倍の周波数は同じ影響を与えるといっています。例えば、8.3Hzの倍の16.6Hzは似た効果だといいます。

シューマン周波数発生器

そこで、機器の製作を考えてみたましたが、これが難物です。7.83Hzという少数以下2桁の数値までの周波数を安定して発振するのは、そんなに簡単ではありません。かつて外国製でシューマンレゾナンスの発振器というものを2,3入手し、いつものように(笑)分解して回路を調べましたが、タイマーICを使って調整もしていないもので、とてもじゃないが正確に発振するものではありませんでした。個別に調整しなければ、6~8Hzといったところだと思います。それでもいいのかも知れません。
最終的にマイクロプロセッサでかなり正確に発振できる装置と、電磁波を発生させるコイルをセットしました。使用方法はACアダプターをつけてスイッチを入れるだけです。

2016年になり、発振回路を見直し正確に7.83Hzに調整してあります。
検証したい方はオシロスコープを使ってくだださい。安物テスターの周波数測定回路では正しい測定値はでません。

この機器を試していただいた人からのご意見では、どうも電磁波の広がりより、はるかに広い範囲で効果を感じられています。
まずほとんどの人がいうのが「落ち着く」というのです。
具体的には、

  • すがすがしい
  • ざわざわ感が消えた
  • いらいらしている人と落ち着いて話ができた
  • ダウジングの精度が飛躍的にあがった
  • オーディオ機器の音の臨場感が劇的にかわる
  • 楽器を演奏していても音がきめ細かく響く
  • 不快な音(工事の騒音など)の不快感が低減される
  • 耳鳴りが治った
  • よく眠れるようになった

などなど、コメントをいくつもいただいたのです。それも大半はスピリチュアルなどに普段はまったく関心のない、オーディオ、演奏や仕事に関心をもっている方たちです。
私はやはり物理作用というよりも気感に作用しているような気がしてなりません。
さらに、その予想を裏付けるような体験談を寄せていただきました。

●まず、昨日の深酒の頭痛が、すぅっと軽くなりました。(笑)

●体感的には全身に気をめぐらせたような充実感、密度感があります。スイッチを切ると気を止めたようなスカスカした感じになります。

●オーディオの音やギターの音が、mp3音源からアナログ音源にしたように,密度感となめらかさが増します。

●音にも関係しますが、空間の空気の密度が濃密かつなめらかになります。扇風機の風も肌に厭な感じが弱まり自然の風のような、なめらかな肌触りになります。

また気づいたことがあれば報告しますね。

これは、ごく普通の方からです。次は、病気の方。

昨日から糖尿病の母が私の家に泊まりにきていました。 シューマン波は地球の定常波なので人体の免疫が上がるのではないかと思い、母の近くで発生装置を設置しました。 すると夕方に3百以上あった血糖値が朝計ると126に落ちていました。
もちろん色々な事が重なり、出た結果であり、発生装置で下がったと言い切るには強引とは思うのですが、僕は発生装置が働いたのだと思っています。なにより、なかなか下がらなかった血糖値が下がったのは事実ですから。うれしいです。
実家に帰ると母はベットに横になったままでほとんど自分からは動こうとしないのですが、この三日間は布団からおきて活動的です。シューマン波発生装置の効果だと僕は確信しています。
シューマン波発生装置ばんざーい!  有難うございました

いろいろな用途に使ってみていただいた感性の鋭い方もおられ、以下についての効果をあげていただきました。

①確かに、音が良くなります。
②呼吸が楽になります。
③良く眠れます。
④食べ物の味がまろやかになります。水、アルコールも変化します。試してみてください。
⑤電化製品の作動音が静かになります。冷蔵庫、ビデオデッキ、
DVDプレイヤー等。
⑥ボールペンが万年筆のようになります。
⑦刃物の切れ味が良くなります。
⑧化粧品が良くなります。(母の感想)
⑨乾電池の寿命が延びます。

この機器はおひとりで二台、三台とご注文される方が多い不思議な機器です。ほかにも、

呼吸が深くなり、夜に早々床につくことが出来るようになりました。かみさんはイライラが減ったといい、子供達も静かになりました。驚きの連続です。

作者も予想だにしなかった報告をくださった方もおられます。

1,わたしは稲課の花粉症なのでスギよりも今の時期の方がすごいことになるのですが、抗酸化物を飲まなくてもその症状がものすごく軽くなっている。この抗酸化物に毎月15000円もかけていたので、それに比べたらシューマン共振器は1回同じ価格で
購入するだけなのですごい。
自分の机?のところにシューマン共振器を置いて、少し離れた切断機のところに行くとしばらくしてクシャミが出るのだ。慌ててレジ袋に入れたシューマン共振器を切断機の近くに持ってきてしばらくするとクシャミは治まる。机と切断機の距離は6mくらい。このことでシューマン共振が花粉症に効果有りと判断した。
いままでマスクは非常に辛かったが、これでマスクから解放された。

3,蚊が寄ってこない。これはまったく不思議で、わたしの職場は蚊がものすごくいて、この時期になると、体の動きを止めるとすぐに刺される。
ところがシューマン共振器をずっと置きっぱなしのときには、その周辺の蚊はいなくなる。今では昼寝のときもシューマン共振器を抱いて寝ているようなもので半袖で寝ることができる。

4,汚い話なんですが、少し痔ろうを病んでいる。
ちょうど1週間くらい使ってきた頃に、肛門のめくれが無くなっていることに気づきました。これで感じたんですが、どうもこのシューマン共振は体の細胞を正常な状態に戻してくれる効果があるようです。

5,シューマン共振器の有効範囲ですが、花粉症に関しては5mくらいが限界のようです。6mだともうちょっと無理みたいで、確実に有効なのは4mまでのようです。
それと電源はACの方が効果大のようなことが書かれていたのですが、わたしの試した感じではDCでも変わりないような気がしています。使用方法は、自宅ではACで、工場ではDCで使っています。

6,音に関しては良くなったのかどうかわかりにくいが、職場の周囲の機械の動作音というが以前ほど感じなくなっているかも知れない。不快な濁った音だけがマスキング
されているような、そんな感じなのだろうか。

7,刃物の切れ味が良くなるとwebではコメントしてあったが、同様の経験をした。
旋盤で加工をしていて、これまでだと途中でバイトを研磨しないと全数は削れないのだが、今回は1回も研磨しないでも全数削れた。

8,腸内細菌への環境については常日頃気を付けるようにしているが、便の臭いが通常よりもさらに少なくなっているように思う。シューマン共振は腸内細菌にも良い影響を与えているようだ。きっと腸内細菌は喜んでいるのだろう。彼らが喜んでいるということは、体の細胞もきっと喜んでいるに違いない。

9,この1週間くらい仕事から帰ってきて、「あ~疲れた」という感じがない。確実に体は
元気に、若返っていると思う。今までだと重い作業をした日は帰ってきてシャワーを浴びたら、晩飯までベッドに横になっていることが多かったのに。

10,これが最も効果があったのかも知れないが、ヒラメキが多くなった。
アイデアがどんどん出てくるのだ。シューマン共振器のDC化やウエストバッグに入れたり、そのバッグのベルトの処理にこれまでずっと困っていたのに、その解決策がすぐにひらめいてすぐに処理できたことも。ふと寄った靴屋で安くて気に入ったサンダルがあって買ったら、その日は更に5%引きだったり。

シューマン周波数発生器についてですが、装置を稼動させてから
朝食の時間になっても小屋の中で寝ていた飼い犬(17歳5ヶ月)が
元気に起きるようになりました。散歩の時間も長くなり、
歩く速度も落ちなくなりました。調子が良いようです。

また、6月から飼っているクワガタは装置を稼動させたとたん
昼間にもかかわらず、すごい勢いで動き出したのには
驚きました。

私自身は当初、装置が稼動すると頭がぼぉ〜として
手の指がビリビリしたり、古傷に痛みが出たりしましたが
それもなくなり、体調がなんとなく良いです。
とにかく眠りが深くなり、昨日までは起きるのが辛かったのですが
今朝はスッキリと5時に目が覚めました。
お願いして本当に良かったと思います、ありがとうございます。

私は、睡眠が浅く、早寝はするのですが2時間おきに目が覚めるため、睡眠導入剤を処方していただき、毎日服用していましたが、シューマン周波数発生器を枕元においておくと、ぐっすりと途中で目が覚めなくなりました。
家内も家族の介護と仕事の疲れで、何度も目が覚めるといっていましたが、ぐっすりと眠れているとのことです。家内にはこのシューマン周波数発生器については一言も言ってはいませんでしたので,
暗示効果によるものとは思えません。
それから飼い猫が2匹いるのですが、昼間は外に出たがっていましたが、昼間はリビングに発生器を置いておくとそのそばから離れないで1日中寝ています。気分が良さそう眠っています。

最初は単純に、シューマン周波数発生機の基盤とコイルを小さいケースに押し込んだものを作りました。
そこからさまざまな研究結果をふまえ、無誘導巻きコイル、ボタン電池化、超省電力化と機能アップを続け、現在、第七世代です。

ポケットタイプ

もともと部屋や室内におられる方への対策と思って作ったシューマン共振周波数発生装置ですが、ポケットタイプも作りました。
いまやこちらのほうが主流です。時代はモバイル。

最初はギャンブルに勝つ念力増幅として水晶の結晶にコイルを巻いてみたのですが、その時にいただいたフィードバックを見るとそんなことに使う人はおらず、水晶なしのシューマン波だけのご希望を多数いただきました。余計なものがないほうがピュアな感じのようです。

ポケットタイプを積極的に作りなおした理由は、「気オーガナイザー」を発明した、ベック博士は次のようなノウハウを語っておられたからです。

例え強力な電磁波内にいても、体のそばにおかれている微弱な信号のほうが体に強く作用する。

2017年3月以来ですが、多数のユーザーからのフィードバックでケースにパワー図形を貼ると明らかに放射周波数の性質が変わることが指摘されました。
これも物理的にはありえませんが、感じる人が多数おられます。
その体験を購入された方にもしていただきたいと思い、この時以来、メタトロンキューブのメタルステッカーを添付することにしました。

メタトロンキューブは「浄化」に強く関係するといわれています。
波動の変化をお楽しみください。

ポケットタイプをお使いのみなさんからの感想です。

体感的には気功治療とよく似ているのですが、
生身の人間が介在しない分、
よりピュアなバイブレーションが得られるようです。

他社のオーディオ向けに作った機器はかなり派手に、ブーンという感じで(実際は音はしませんが)部屋の空気を支配していたようです。

ではポケットタイプは比較すると非力なのかというと、どうもそんなことはない気がします。違いは波の間隔ではなくて、ふれ幅の違いなのですよね。据え置き、ポケットときて、最後はこの地球本体の波動。つまり、ラジオのつまみをひねってボリュームを上げてみんなでダンスするように、基本周波数を増幅して地球の躍動するいのちにチューンイン&ロックオン(みんなが)できるはず。

ひとつ気付いたことがあります。私は世界、日本をかなりあちこち旅していますが、実際は気まぐれに訪問しただけで、個々の土地の印象もばらばらなものでした。ところがなんと、このシューマン共振器をONにすると、それぞれの訪問地のどれもが地球というひとつのバイブレーションの一部だと実感できるのです。ごちゃごちゃして嫌いだった新宿も、澄んだ気の流れる八ヶ岳の稜線小屋も、インディオの悲しい歴史に沈むメキシコの古い街も、この一つの波を基本としているんだ、そう身をもって確かめることができました。

 

これ本当に良いですぴかぴか(新しい)息子の頭痛と目の痛みはなくなったし、何かすごくリラックスできます~ぴかぴか(新しい)あと、消臭効果もあるような気がします(気のせいかな?)
寝室に置くと寝坊して大変です(笑)

 

早速シューマン周波数発生器を使ってみたところ、最初は昔の傷がじんじんしたり、吐き気がしたりと、何かが変化しているのは感じました。

そして、いつもよりぐっすり寝ることができました。

何よりも、どうも引っ越ししてから意味なくイライラしていて、自分自身、まいってました。

寝起きも悪くなり、子供よりも先に起きることができずになり、口調も日々、荒くなってくるのがわかり、なんてママだろうと、随分落ち込んでました。
今までは気にならなかったことでイライラしている自分にイライラ。
悪循環でした。

今朝は子供よりも早く目が覚めましたし、ぜんぜんイライラしないんです♪
こんな感覚久々で、かなり嬉しく思ってます。

また、ふと、このイライラはベランダのすぐ目の前にある沢山の電線の影響だなと気づきました。
寝ている時も電線方向に頭を向けていたので、頭にちりちり感を充電しながら寝ていたような感じなのでしょうか。

元々、電磁波の影響を受けやすいことは知っていましたが、(高圧線のそばに引っ越したときに入院しました)どうしていいものかと何もできずにいましたが、やっといい手ごたえのあるものに出会えました。

今朝はまだぼーっとした感じはあるものの、(ヒーリングを終えた後な感じです)
ずいぶんと頭がすっきりして、イライラがありません♪
頭の中も変なごちゃごちゃがなく、助かりました。

いいものに出会えて、とてもとても感謝してます♪
ありがとうございます。

 

高圧電線の電磁波はすごいですからね。

シューマン周波数発生器が到着して1週間位になりましたが、心身ともに良い兆しがあり有り難い限りです。
おそらく長くお付き合い出来る機械だと思います。(今までウン十年間も、心身の健康関連に時間とお金を使いまくりましたが、どれもほんの最初だけや今一つなど…望む結果にはなりませんでした。)
こちらのシューマン周波数発生器のお陰で、物事の視点も何故か変わってきまして、これからどう変わるのかも楽しみです。
本当に作っていただいて良かったです。有り難うございました。

心のありようにまで影響するのですね。

 

ある程度、機械の助けというものがあったほうがポンと前にでられることはあります。

送って頂いた装置は、色々に使ってみました。持ち歩いたり部屋への移動も簡単に出来て気に入っています。車に持ち込むと車内の空気が清々しく感じられるような気がします。

立証性がないと言われれば、それまでですが、先ず虫刺されの痒みが軽減したり、打撲の痛みや青アザが軽く済む様な気がしました。その他 肩凝りがスーッと消える感じや体の余分な力が抜けて、短時間でもグッスリ睡眠をとった感覚でスッキリします。

精神的な変化は正直まだ、あまり自覚がありませんが、身体の本来のリズムが整って来る感じがします。痛みや痒みが引いたり深いヒーリング感覚があるのには、正直ビックリしました。周波数の人への影響って大きいのですね?!興味深いです。これからの身近な変化が楽しみです。

これからも、不思議でワクワクするような商品の登場を楽しみにしています。

 

これは据え置きタイプでも経験された方がおられる現象で、ポケットタイプもなかなか働いているということのようです。

製作者が期待した以上の効果をユーザーの方が発見してくださることは、Mind Craftの機器ではよくあることです。

次はなんとスイスでお使いになってみられた方の感想です。

据え置き型はフル稼働、携帯用は混雑した場所に出かける時に使っています。
効果が顕著なのは、携帯用をもって出かけた時。雑踏の中でもイライラせずに、気分よく過ごせます。
子供を連れているときは子供達にも好影響があるようで、落ち着いて集中して行動するようになって驚いています。
どちらとも良い商品でとても満足です。

 

水素水との合わせ技で劇的な体験をされた方もおられます。

4月の終わりに乳がんの手術を受け、同じ病室の肌のきれいな人が水素水を使っていると聞き、水素水製造器と前から気になっていたシューマン周波数発生器を購入いたしました。

昨日、さっそく水素水を作って飲んで周波数発生器を寝室に設置し、朝起きたら手術後1週間たっても残っていた手術跡の腫れがかなりひいていました。
半信半疑でしたが(すみません)1日でこんなに効果があるとはびっくりです。

こちらもびっくりです。

(2020年9月追記)弊社の装置を少し改造して、アースを取った(マイナス側をアースする)方がおられます。

・オーディオの音質がさらに改善。
(一番分かりやすいと思います)
・家電製品の作動音も静かに。
・ドアの開閉も楽に。
素人の推測ですが、回転に関する何かが変化しているのではないかと思われます。

回転に関係しているかもしれない!鋭い洞察かもしれません。
(追記終わり)

FAQ

以下によくいただくご質問への答えを記載しておきます。

NASAで使っているというのは本当か?
英語のサイトをたくさん調べました。この話しの出処はドイツ人のWolfgang Ludwigという人です。彼は “Informative Medizin”という彼の本の中で「1974年にNASAがシューマンボックスを導入した」と書いているようです。
が、これは極めてアヤシイ。なぜならば、この前後のNASAの宇宙船はスカイラブであり、1973年11月に4号が打ち上げられ、次の5号(ソユーズとドッキングした)は1975年7月の打ち上げです。
もし、彼の話が正しいならばスカイラブ5号です。
ところがNASAはシューマン周波数が人体へどう影響するかについてはどこにも書いていません。おそらく、Ludwigという人間が自分の持っている製品(磁力治療器を売ってます)に泊をつけるための捏造だと思われます。
いつものようにNASAが隠蔽しているとかいうのであれば、この装置の効果の根拠をNASAに求めることはやめたほうがよくないですか?
到達範囲はどれくらいか?
みなさん、効果を感じる範囲なのか、電磁波なのか、を必ず書きません。電磁波としてはとても弱いので、数十センチの範囲が測定器でわかる範囲です。ところが効果を感じておられる方は、六畳部屋くらいから2メートル四方くらいまでの範囲があります。
感じるあなたの感性がもっとの重要です。
範囲内なら隣の部屋にも届くか
電磁波の到達でいうならば、壁の中の材質によります。木造なら電磁波は通り抜けます。鉄筋が密に入っていると到達しません。
到達距離を伸ばすためアンテナが欲しい
数十メートルの電線をつけたところで、こういう極低周波の電磁波には意味がありません。乱暴な例えかも知れませんが、スピーカーでも低い音は指向性がないのに似ています。
どれくらいもちますか?
余裕をもった設計にしてあります。部品の耐用時間からすると、24時間通電していても10年はもつと思われます。 
ポケットタイプの電池はどれくらいもちますか?
電池を使う製品で電池が添付されている場合、すべて「電池はサンプルです」と書かれています。なぜでしょうか?電池はアルカリ、マンガンなどの違いや、経年変化、おかれている温度、製品のバラツキなどにより、性能の差が大きいのです。(倍くらい違います)
それもふまえて、ざっくり一月くらいもつようです。
通常タイプは電池駆動できないのか
ポケットタイプと使い分けてください。
より出力が強いものを作れますか?
コイルに流す電流を強めることは可能です。が、まったくお勧めしていません。
ご希望される方が多いのですが、電磁波の強度と効果は記事にあるとおり関係ないのです。
また、近いところではいくらシューマン波だからとはいえ電磁波です。
より強いものを求める方は料理でも塩をできるだけ大量に入れたほうがおいしく感じるのでしょうか?
電磁波の悪影響が目立つことになるだろうと考えています。
何台か要所要所においていただいたほうがよいと思われます。
メカに弱い人でも使えますか?使い方は?
ACアダプターをつけて、コンセントにさし、スイッチを入れるだけです。そうするとLEDが7.83Hzで点滅します。
これ以上、簡単な操作はないと思います。なので、説明書をつけていません。
つけたり消したりせずに、スイッチを入れっぱなしでもかまいません。
測定したら7.83Hzではなかった
高周波クリスタルを分周して周波数を作っています。
それでも部品の特性のばらつきで誤差がでます。
また、安物の測定器では通常、これほどの低周波数は測れません。それなりの測定器で測定してみてください。
ちなみに当社では設計時にオシロスコープで理論値と実際の周波数の確認を取っております。
xx社のものとどう違うのか?
当サイトは装置を作れないひとのための製作代行です。シューマン波で多くの方が感じられている効果は科学的には説明がつきません。
どういう状態で効果を見つけられるかは、使用する方にまかされています。
ただ、弊社はポケットタイプは無誘導巻きコイルで、デスクトップタイプは通常の空芯コイルです。
ユニークな点はそこですが、他社がどうされているかはわかりません。
xx社のものが欲しい代わりに買うのであれば、最終的にはxx社のものとの違いがすべて気になって、当社の製品に不満ばかりが募るでしょう。それが人というものです。
○○に効きますか?どれくらいで治りますか?
当サイトで言及している装置のほとんどが科学的ではありません。マインド・クラフトは古い文献に記載されている装置、様々な人の経験を自分も体験してみたい、というチャンスを提供することが目的です。
そして、万人に効く療法はありえません。あなたに劇的な効果があったものが他人にも通用するかはわからないのです。
装置をご自分に最適になるように、変更することについても積極的に対応しています。
一般の流通業者のように売らんかのためにホラ話はしません。
通常タイプを改造してほしい
喜んで対応します。
アイデアもほしいという方がおられますが、アイデアも提供して製品も提供する場合、それ相応のコンサルティングと試作に伴う開発費をいただくことは言うまでもありません。
LEDの点滅を向ければいいのか
こういうご質問は本当にがっかりします。LEDは光を出すインジケーターでシューマン共振の電磁波を出すものではありません。このレベルは義務教育の中学校で学習する国民の常識であって「理工系には弱いから」というモノを考えない人の言い訳ですむレベルではないと思います。
動作確認のためですから、眩しい場合、適当に覆い隠してかまいません。
あえて、点滅光を利用するというのはよいアイデアだと思います。
周波数、出力などいろいろ変更できないか。研究したい
そういう方には別途、プロの使う低周波発振器をおすすめします。